院長ブログ > 院長ブログ

今年もよろしくお願いします。

今年最初の記事は、美容外科医向けに書こうと思います。

昨年からのマイブーム「幸福の資本論」、今日は人的資本について深ーく掘り下げます(笑)。

医師の人的資本は、一般的にとても高額です。

ちょっといやらしい話になりますが、稼ごうと思えばいくらでも・・・です。

特に美容外科は、医療の中でも医師としての人的資本が生かせる最高峰の一つと考えられています。

それなら美容外科医は全員幸福か?というとそうでもないのは去年にも書いたとおりです。

なぜか・・・。

人的資本が幸福をもたらす一番重要なポイントは、「仕事のやりがい」の有無だからです。

それは一言で言ってしまえば、他人への貢献(医療では患者さんの幸福への貢献)です。

美容外科では、施術によって患者さんに心からの満足感をもたらすことができたかどうか、が重要なカギです。

施術そのものがうまくできたかどうかも重要ですが、施術後ある一定期間患者さんに満足感を感じていただけたかどうかがとても重要です。

手術であれば、その期間が年単位にもなります。

それを知るうえでもっとも重要なものは、術後の患者さんのフォローアップです。

これをやらずして、どんどん手術なりレーザー照射をやっていくと、売り上げは一時的に伸びていきますが、時間的にフォローアップすることができなくなり、患者さんに本当の満足感をもたらしているかどうかわからなくなります。

ここが、美容外科医の一番陥りやすい罠です。

医師自らが術後の検診をまめに行うことは、経営的に最も効率が悪いことになります(通常美容外科で術後検診料を取るところは珍しいからです)が、ここをおろそかにすると自分のおこなった医療行為の患者さんの幸福への貢献は全く分からなくなります。

術後検診は、患者さんのためにというばかりでなく、むしろ自分の医療行為が本当に患者さんに貢献できたかを知るうえで医療側からも重要となります。

術後、それほど満足できなかった様子の患者さんがおられたとしてもそこから我々はとても重要なことを学ぶことができ、患者さんの満足感を増やす努力をするうえでヒントになるとかんがえられます。

長々と書いてきましたが、美容外科の仕事の目的として患者さんの満足感に貢献できたかどうか、そこだけを目指して仕事を進めることができれば、医師の人的資本を最大限に活用したことになり、美容外科医自身の幸福にもつながるのではないかというのが私の考えです。

とうとう今年最後の投稿になりました。

しつこいようですが、件の本に関連した内容でかきます。

脳内のセロトニンの研究によれば、日本人には遺伝的に「うつ」が多いとされています。

国民性として確かに楽天的な民族とは言えなさそうですが、必ずしも「うつ」が日本人の専売特許ではないようです。

最近の研究では、遺伝的に日本人の本質は他人に影響されやすい民族、他人の目を気にしすぎる民族というのが正しいということです。

つまり日本人は、周りの環境が楽天的だとむしろ世界中のどの民族よりも楽天的になれる、それが日本人だそうです。

そうであるなら日本人は付き合う人を厳選すればよく、幸福になりたい人は幸福な人と、痩せたい人は痩せた人と付き合うようにすればいいわけです。

さらに幸福は「感染するもの」と考えれば、幸福になりたい人は幸福な人の近くにいることが重要だと考えられます。

前回も言いましたが、幸福医学である美容外科の担い手「美容外科医」は幸福でなければいけない、という理由がここにあります。

患者さんを幸福に導くべき美容外科医が、不幸そうな不健康そうな、貧しそうな医師であってはならないのです。

私は、幸運ながら先の「金融資産・人的資本・社会資本」に恵まれ、年々自身の幸福の実感が強くなってきています(自分で勝手にそう思っているだけかもしれませんが(笑))。

その幸運の「インフルエンサー」として周りの人に「幸福」を伝えることができれば幸いです。

来年ももっともっと頑張りますので、よろしくお願いします。

前回の記事で書きました「本」の内容をもとにもう少し書きます。

きっとほとんどの人が読んでいない(笑)と思うので内容についても掻い摘んで書いていきます。

幸福の定義は難しいところもありますが、各人がそれぞれの幸福を思い描いて一時は手に入れたと思っても、その基本構造、人生の土台といったものがしっかりしていないとすぐにその幸福は崩壊してしまうもの、というのは皆さんの経験からも思い当たる節があるのではないでしょうか。

その土台にあたるものが、その人が持つ金融資産・人的資本・社会資本の3つ、というのがこの本の言わんとしているところです。

一つ一つはなんとなくわかると思いますが・・・

要するに金融資産というのはお金にまつわるもので、しかも働かなくてもいいぐらいのお金を生み出す資産を言い、人的資本はその人自身のお金を稼ぐ能力、社会資本は家族や友達・親せきなど目に見える、見えないにかかわらず人生の幸福をもたらす人間関係、といえます。

私の考えでは、この3つの資本・資産は非常に密接に関係してるとおもいます。

例えば大金を稼ぐ能力がある人でも、やりたくもない仕事をやらされている人(感じている人)は幸福を感じにくいと思います。

人的資本で幸福を感じるのに一番重要なのはいわゆる「仕事のやりがい」であり、どれだけその仕事が好きか、に関係してきます。

働かなくても生活できる人(金融資産が十分な人)は、好きなことを仕事として選ぶことができ、全人的資本をそこに集中投下できます。

その結果、人的資本で幸福を感じることができた人は、心の余裕・時間の余裕に恵まれ家族や仕事仲間など社会資本にも恵まれやすくなります。

金融資産・人的資本・社会資本の三つを全部持っている人は極めてまれである、と本書では紹介されていますが・・・。

この話を我々美容外科・美容医療業界に照らし合わせてみます。

「美」は一つの人的資本です。

反論もあるでしょうが、美人のほうが得をするチャンスに恵まれている、といわれていて、実際に美人のほうが(男女問わず)生涯年収が高いというデータがあります。

お金持ちの人と結婚できるチャンスも高いかもしれません。つまり社会資本にも金融資産にも恵まれる可能性が高い、といえます。

金融資産に恵まれれば、さらに「美」に磨きをかけることができ、好循環が生まれます(人生の伴侶も言ってみれば一つの人的資本であり金融資産ともいえます、苦笑)。

「美」が経済合理的に考えても、幸福感に重要であることは間違いありませんね。

この結論で終わるつもりはなかったのですが、長文で疲れましたのでおわります。

年内にもう一度更新できれば、と思いますが、ひょっとすると来年まで持ち越しになるかもしれません(笑)。

午前中に「その2」を書いたばかりですが、少し乗ってきたので勢いで「その3」も書いちゃいます(笑)。

11月の学会で若い先生たちと食事会をしていて、その先生たちに「先生の人生はまるで詰将棋のようです」と言われました。

その真意はどうであれ、人生計画を立てるのはとても好きです。

その時に重要なのは「手帳」です。

手帳に予定を書き込むようになってから15年ぐらいになりますか・・・。

来年2018年の私の手帳は、今年の9月に購入しすでに80%の予定が書きこまれています。

その中には毎日の予定はもちろん週予定、月予定、年予定、10年単位の予定が書き込めるようになっていて、いろいろなテーマ別に、詳細をまるで本当に実現できるように書き込んでいます。

不思議なことに、その予定の9割は実現できていることが過去の手帳を見てわかりました。

この習慣は、過去に読んだいろいろな本のなかで共通して「成功した人の習慣」として書かれていたものを参考にしたのがきっかけです。

周りの仕事仲間には、こういった習慣のある人はあまりいませんでした。

医学の研鑽には本も大事ですが、やはり実務や仲間、先輩からの情報が主な源となることが多いのですが、人生の問題は別のようです。

私が、医者になって付き合い始めた医師の中で「生き方」に共感した人は一人もいなかったといって過言ではないようです。どちらかというと破滅的・刹那的な人生を送っている医師が多いように思います。

美容外科は幸福医学と考えられていますが、その担い手の美容外科医自身が幸福について考えないのはどうかという気がしています。

そんな中で、これほど自分の人生の考え・経験に近い「本」はないという本に最近出会いました。

それは橘玲著、~幸福の「資本論」~です。

私が考え、実践してきた今までの人生をこれほど明快に書いてくれたものはありません。

この著者は、1959年生まれで私と同学年、過去にも多くの著書がありそのほとんどを読んでいます。

今の社会を冷徹な目で、縦横無尽に切るその切口が斬新で、奇をてらうわけでもなく膨大な参考資料から導き出す結論にいつも感心していました。

これ以上書くと冗長になりますので、今回はここまでにします。

私は数年に一度、強く影響される著書に出会うのですが、この本は久々に自分の中での大ヒットでした。

気が向いたら、年内にもう一度このテーマで深く掘り下げて書いてみたいと思います。

期待せずに待っててね(笑)。

前回の続きです。

手術以外の診療については、今年、美肌治療の王者はやはり光治療である、ということで光治療に厚みを持たせる意味で光治療器械を買い増しました。

今までうちのクリニックではやや弱かった赤ら顔にも対応できる器械を選択しました。

痩身に関しては、順調に患者さんが増えてきました。

器械も冷却、HIFU(超音波)、RF(高周波)と3強を揃えましたので、あらゆる患者さんのご希望、条件に応えられるようになりました。

こちらは、皮膚科専門医、形成外科専門医の先生のご協力を得て来年もさらに充実した診療体制を構築したいと考えています。

今年は学会活動において、あまりにも手術(特に鼻)に偏りすぎていたと反省しています。

来年は、学会活動において手術以外の診療の情報のバージョンアップを図りたいと考えています。

今年の振り返りの中で個人に関しては、次回、もちろん今年中に投稿したいと思っています。

12月になりました。ずいぶん寒くなりました。

今年は公私ともにいろいろなことがあり、忘れられない年になりました。

クリニック関係ではやはり「名古屋駅前院」の開業がビッグイベントでした。

10年目をむかえての節目にふさわしい出来事となりました。

準備に許されたのは4か月というかなり短期間でしたが、スタッフ、外部からの多大な協力と支援のもと、当初の予定通り11月7日に開院することができました。

あらためてこの場を借りて御礼申し上げます。

駅前院では、比較的大きな手術を中心に診療をしていますが、この1か月間で局所麻酔による手術から全身麻酔による手術まですべて無事行うことができました。

現時点で、年末から来年1月にかけて全身麻酔下の手術を含めて多数の予約をいただいています。

仕事始めの1月4日、5日はいきなり連続で長時間手術から始まる予定で、体調を崩さないように万全の準備をして新年を迎えたいと思っています。

今年は新患の手術に加えて、過去にうちのクリニックで手術を受けられた患者さんのリピート手術や、調整手術の患者さんにも来ていただけました。

リピーターの患者さんとは信頼関係がすでに築かれていますので、こちらとしても安心して手術をお勧めすることができ、さらなる患者さんの満足感につながるという好循環を生み出すことができました。

開業後10年目にして、当初考えていた美容医療の実現にまた一歩近づくことができたと考えています。

手術以外の診療については長くなりそうなので次回にします(笑)。

八事石坂クリニックに名古屋駅前院が開業して2週間が経過しました。

それを待ちかねたように診療予約を入れていただいた患者さんがおられることを知って、駅前院開業構想は正解だったとほっとしています。

この年齢になって診療所を増やしていく、ということに少し気おくれもしましたが、後継者問題も視野に入れて今後のことを考えていくつもりです。

健全経営がなければいい美容診療はできない、という当初の考えには全く変更はありません。

「屏風と商売は、広げすぎると倒れる」という格言を肝に銘じて今後の展開を考えていこうと決意しています。

今年も閉院された美容外科が数件ありました。

経営的な問題もあるのでしょうが、院長自身の体力・気力の問題から病んでしまってやむなく閉院というパターンもあるようです。

美容外科医は想像以上にストレスの多い職業です。

私自身も年齢的には無理ができなくなってきていますので、これまで以上に気力・体力面で自己管理を怠らないようにしていきます。

今の私にとっては、個人的な趣味を持ち続けてきたことも本当に心の支えになっています。

オヤジの趣味なんか聞きたくないでしょうから、これ以上は触れません(笑)。

次回の記事はいよいよ年末、毎年恒例の「1年を振り返って」を書こうと思っています。

先日、福岡で開かれた頭蓋顎顔面学会に参加しました。

参加したといっても、鼻のパネルディスカッションの発表だけの参加でした。

座長の発案で、今回のPDは治療が難しい症例を提示して数人の演者が意見を交わすという形式を一部とっていて、それはそれでなかなか楽しかったですし、後輩の先生方にはとても好評だったようです。

「鼻」の美容外科手術は本当に難しいテーマで、私を含めてそれぞれの演者の治療方針が全く違っていたり、全員一致していたり、で私自身にもとても参考になりました。

ここ数年、ほかの演題を聞く機会がめっきり減ってしまいました。

自身の演題発表なしでゆっくりほかのドクターの話を聞いてみたい気もします。

今回の発表を一区切りに、しばらく発表を休もうと思っていた矢先に、そんなさぼり心を見透かされたように来年の5月の発表を依頼され、お引き受けすることになりました。

名古屋駅前院もやっと落ち着いて、診療体制万全となりました。

来月はもう12月、次回のブログではこの1年を振り返りたいと思っています。

すっかり秋が深まってまいりました。

本日11月7日、八事石坂クリニックに名古屋駅前院が開院することになりました。

八事の地に開業して丸9年が経過、その間ご遠方からわざわざ足を運んでくださった患者様にはたいへんなご迷惑をおかけすることもありました。

そういった患者様に対して少しでもクリニックへのアクセスをよくしたいと、3年ぐらい前から名古屋駅前院の構想がもちあがり、ようやくここに開院の運びとなりました。

開院までにいろいろな方面の方に大変お世話になりました。この場をお借りして御礼申し上げます。

診療が本格的になるまでにはもう少し時間がかかるとは思いますが、患者様にはその都度ご案内させていただきますのでよろしくお願いします。

八事院は従来通りの診療で続けてまいりますのでこちらのほうもよろしくお願いします。

大まかには、駅前院では大きな手術を中心に、八事院ではレーザー治療を中心に診療を行っていきますが、ことなる場合もありますので患者様にはその都度ご案内させていただきます。

診療ドクターも形成外科の先生、皮膚科の先生のご協力をいただきましてますます充実した診療体制となりますので今後ともよろしくお願いします。

すっかり秋めいてきました。

9月末の北海道の学会も終了してややほっとしているところです。

学会でもそれ以外でも、ここ最近いろいろなドクターに会う機会がありました。

日ごろ美容外科という狭い領域の医師と話すことが多いので、他科の医師と話すことはある意味新鮮でした。

そんな時に思うのは、あらためて医師でもいろいろな医師がいるものだということです。

そんな中で、逆にいったい自分はどんな医師かなあ、と振り返る機会にもなりました。

知らない間に今となっては変えようがない医師としての個性が確立されてしまっていることを実感しています。

書き忘れていましたが、10月1日から開業10年目に入りました!

そんな中で、今年から来年は公私ともにちょっと変化を出していこうか、と思ったりしています。

今後ともよろしくお願いします。