院長ブログ > 院長ブログ

今月末に美容外科学会があります。

以前からお知らせしているように、今回の学会は鼻の手術のビデオパネリストで演題発表を依頼されています。

もう一つ、鼻の一般演題の座長を仰せつかりました。

ほかの演者の発表の進行役ですが、発表全体のポイントをよりわかりやすくするためにコメントをすることもあります。

普段私がほかの演者の発表を聞くときに一番大事にしているポイントは、発表の中で使われる術前術後の写真の正確さです。

もう一つのポイントは術後の写真(結果)が術後どれぐらい経過したものか、という点です。

これが長ければ長いほど、その発表の価値は高いと判断します。

理由は・・・

短期的な結果も大事ですが、長期的な結果は美容外科という科の性格上我々がそれを得ることがとても難しい、という点が一つ。

もう一つは、数年経過することで手術の結果は微妙に変わってくるという点です。

この事実は患者さんにも容易に理解していただけると思うのですが、逆に我々美容外科医のほうが忘れがちです。

とかく手術の好きな美容外科医は手術方法のアイデアに走りがちになります。

それも重要でしょうが、その手術の長期的な結果はどうであったか、ということが十分に検討されていないアイデアは患者さんの利益にはならないということです。

結果のよし悪しではなく、検討した結果どうであったか、ということが重要だと考えます。

そういう発表は美容外科医、患者さん双方に利益をもたらします。

台風のあと少し暑さがやわらいだ感があります。

3回前の記事の続きを書きます。

同じように美容外科医向けでかきますので、一般の方はできるだけスルーしてください。

記事の中で「人気のある美容外科医」と書きましたが、その意味は・・・賢明な美容外科医の先生であればそれが皮肉を満載に込めて書いたことに気づいておられると確信しています(笑)。

それは、やたら元気で患者さんをいっぱい集めてとにかく手術をいっぱいしたがる美容外科医、それが一番大事と考えている美容外科医、という意味で書いたつもりです。

そうじゃない、そんなに神経が図太くなく、患者さんのいろいろな訴えについつい耳をかしてしまう心優しき美容外科医はどうすればいいのか・・・

そういった美容外科医、あるいはこれから美容外科医になろうとしているのであれば、ぜひその持ち味を生かしてほしいと思いますし、きっと患者さんにとってもそういった美容外科医は貴重な存在であり、待ち望まれていると思っています。

しかし現実はなかなか難しく、世の中の美容医療は、患者さんの数ひいては診療規模が大きいほうが有利です。

患者さんへの情報提供一つをとっても、なかなか患者さんに伝えるのはむずかしく、時間・費用がかかるものです。

ただし、本当の意味での時間はお金で買えません。「本当の時間」とは、「信用の積み上げ」のことです。

大手のクリニックのように費用をかけて手っ取り早く「信用」らしきものを積み上げたとしても、賢明な患者さんの信用はえられません。

心優しき美容外科医が「真の成功」を今から目指すのであれば、10年は信用の積み上げ期間と思ってあきらめずに精進することが重要だと思っています。

極端な話でいえば、

この患者さんには手術はしないほうがいいと思ったら、カウンセリングで何時間かかろうとも手術はしない方向で患者さんに納得してもらうことができるかどうかです。

普通、手術をすすめるのに時間をかけるのが当たり前で、手術を思いとどまらせるのに一生懸命カウンセリングするクリニックなどありません。

短期的な医療経営のことを考えたらこれは絶対にやってはいけないことですが、あえてそれができるかどうかが「持続可能」な健全な美容医療経営の分かれ目になります。

10年もそんなことを続けて医療経営をやっていけるわけがない、というご意見もごもっともです。

それを平気な顔で10年やっていけるコツがあります。

それについては、また気が向いたときに書きますので期待しないで待っててくださいね(笑)。

暑い日が続きます。

夏にも学会はありますが、こう暑くては行く気がなかなか起きません。

そうでなくても、9月、11月の北海道と九州の学会に出なくてはいけなくなってしまって、気が重い今日この頃です。

9月は美容外科学会 11月は頭蓋顎顔面学会ですが、両方とも「鼻」関係のシンポジウムの招待演題です。

本音を言えば、自腹でそんな遠方まで出向いて自分の手術の手の内を見せることにどれだけの意味があるのか、と思うのですが・・・。

振り返ると私自身も過去に数々の先輩方の手術から学ばせていただいているわけですから、今後は恩返しと思って務めさせていただきたいと思います。

うちのクリニックについていえば、今年の秋で満9年を迎え10年目に突入します。

企業的に言えば10年は成熟期に入る時期ですが、さらに経営学的に言うと「変化がないことは衰退と同じ」とも言われています。

今年の秋は学会活動もさることながらクリニックの大きな変化の時期と考えています。

具体的には9月ごろにお知らせすることになるかと思います。よろしくお願いします。

美容外科はどんな科か、と問われたときに私は、人間の心に感動を呼び起こす美というものは何か、を医学的に追求する科だと答えます。

頭では理解が難しいこの「心に感動が呼び起こされる」という経験は誰にでもあるはずです。

身近でいえば、なんだか理由はわからないけど好きになってしまうもの(人)、その結果自分ではどうしようもない心の動きが引き起こされる(感動)経験はそれほど珍しいものではありません。

見て、触れて、聞いて、その結果起こる心の中の感動、それを引き起こすものは一体何か?

難しいのは、その原因がすべての人に共通であるとは限らないのです。

そんな中で時々その感動を共有できたりすると、さらに大きな感動につながります。

美容外科の診療をしているとこんな場面に出会うことがあるのです。

だから美容外科はやめられない面白さがあると思うのです。

今回の記事は、医者向けに書きます。

最近は若い医師の間で、美容外科医になりたいという希望は珍しくないようです。

そこで、どういった医師が美容外科医に向いているか、私なりの意見です。

もちろん美容外科医も医師ですから、医師としての資質を持っていることは大前提です。

そのうえで俗にいう「人気のある美容外科医」になりたい、そのために必要な資質はなんですか、といった疑問にこたえたいと思います。

一言でいえば、「自分」というものに疑問を抱かない性格、簡単には「自信家」であることが重要です。

美容外科は、治療の成否の判断が難しい特殊な科です。

簡単にいうと、美容外科の手術を受けた患者さんが結果に満足していただければ成功、不満足であれば失敗となります。

ほかの科のように。医学的に成功、失敗がすべてというのとは違う部分があります。

我々は長い医学教育で医学的(科学的)な思考パターンを植え付けられています。

その頭で、美容外科の手術に臨むとえらいことになるわけです。

医学的に決して失敗ではなくとも、その結果に患者さんがNOといえば、その医療行為の結果は失敗になります。

まじめな医師ほど、悩み、頭が混乱し、自信がなくなっていきます。

一方、元来細かいことは気にしない性格で自信家の美容外科医は、はなからそんな結果について悩むことをしません。

そういった美容外科医の美容外科医療に対する「情熱」はそんなことで枯れることはないのです。

「人気のある美容外科医」になるために一番重要なのは、学校で習うことのない「ガッツ」というやつです。

「人気のある美容外科医」は一般的にハートが強く、タフガイです(男性医師とは限りませんよ)。

「患者の言うことなんか聞いとるからあかんのや」と後輩医師に言い切れる医師が、一般的に人気がある美容外科医なのです。

それでは、患者の話をまじめに聞いてしまう、気の弱い、ガッツもない医師は、「立派な美容外科医」になれないかというと、それはそれで方法があります。

次回はそのことを書きますね。

以前の記事で、手術の上手な美容外科医が、患者さんにとっていい美容外科医とは限らない、ということを書きました。

我々同業者からみて手術が上手とはお世辞にもいえない先生でも、結構患者さんから人気があったりするからです。

その理由はいろいろでしょうが、善意に考えれば美容医療とは手術のうまい下手だけで決まらないから、といえます。

それでも、手術の上手な美容外科医がどうしても知りたい、という物好き?な患者さんには、その簡単な方法をお教えします。

たとえば名古屋の患者さんで手術が上手な地元の先生を知りたければ、東京にいって何人かの美容外科医に「名古屋で手術が上手な先生を教えてください」と尋ねれば教えてくれるはずです(もちろんその先生にもちゃんと相談して敬意をはらいながら尋ねる、などの常識は持ってください)。

尋ねる先生の条件は、東京だけで診療している先生のほうが商売敵になりにくいので正確な情報を得られやすいでしょう。

美容外科医はどうしても商売がからむので、なかなか他医を紹介したがらないかもしれませんが、できるだけ診療圏の離れたところで聞いてみるのはいいと思います。

ただしこれは、プロの間での評価を聞いているだけのことですから、それが患者さんにとっての高評価につながるとは限らないことを繰り返し申し上げておきます。

形成外科手術手技の基本に、ドッグイヤー修正があります。

形成外科を1年ぐらいすれば、だいたいどんな状況のドッグイヤー修正もできるようになります。

しかしこの「ドッグイヤー」の本質を理解できている美容外科医(形成外科のトレーニングがすんでいる)は少ないと思います。

美容外科医の中には、「ドッグイヤー」なんて美容医療に関係ないじゃん、というものもいるかもしれません。

ドッグイヤーを「円形の皮膚欠損を縫い縮めた時の端っこの処理の仕方」としか理解していないとそうなるのも仕方がないと思います。

そもそもドッグイヤーの考え方は「処理をしたところ」と「処理をしないところ」の境目の問題解決法、と考え方を広げれば、これほど美容外科医療に関係するものはありません。

頭の聡明な美容外科医であれば、すぐに理解できると思います。

この考え方を身につけることで、美容外科の手術を受けた患者さんのご希望・クレームの内容の理解と対処法がわかるようになります。

簡単に申し上げると、手術でバランスよく形を整えるには患者さんが気づいていないところまで手を加えることが重要だということです。

美容外科の手術の結果がとても自然で手術したことがわからない、という状況を生み出すためには特に重要な考え方です。

患者さんからすると余計なところまで手術をしなければいけないので不利益になりますが、だからこそ形成外科で培ったきれいになおすという手技が生きてくるのです。

我々美容外科医にとって、手術を受けて人生が変わって明るくなった患者さんを見ることは何よりの喜びです。

まさにこれこそが、美容外科手術の目的だからです。

手術が成功するためにはいくつかの必要条件があります。

患者さん側の条件としては

・・・素直な心と人の話をよく聞いて理解する頭の柔軟さがある人

・・・自分の考えを大切にしているけど頑固ではない人

・・・他人に敬意を払うことができ一般常識のある人

医者側の条件としては、(上記の条件に加えて)

・・・患者さんの話を聞いてなりたいイメージを共有できる医者

・・・そのイメージを具体化するにはどんな手術が必要かがわかる医者

・・・できるだけ多くの手術の経験があり、その手術の結果を注意深く見ている医者

そんなところでしょうか。

美容外科の手術を考えている患者さんが、一人でも多く、手術が成功してよかったと思えるようになることを願っています。

今回の記事は、同輩後輩の美容外科医に向けて書きます。

特に手術を中心に美容医療をされている医師に向けてです。

他医の手術の跡を見る機会が多いので、これは実際の経験に基づいた話です。

以前にどんな手術をされているか、それがたとえ術後何年経過していたとしても傷をあけて瘢痕の状態をみれば一目瞭然であることが多いようです。

名古屋に限らず、全国の美容外科の先生に手術をしてもらった患者さんがこられます。

中には3か所4か所のクリニックで手術を受けられた患者さんの傷を開けることもあります。

最近では手術中に傷を見て「この部分の瘢痕は最初のクリニックのあの先生の手術の跡だ、この部分の固定が違うのは2番目のクリニックのあの先生の手術のあとだ・・・」というところまでわかってしまうこともあります。

手術は正直です。

どんなにうまくごまかそうと思っても、そのドクターの手術のくせ、考え、やり方などなど、しっかり跡に残っている物です(これはもちろん私自身にも言えることです)。

本当に手術の上手な先生、とても乱暴な手術をする先生、知識が足りない先生、手術経験が足りない先生、・・・

手術の傷を開けてみるとちゃんとわかります。

ただし、手術後の結果に、患者さんが満足されているかどうかは、手術のうまい下手は多少関係しますが、別問題だと思います。

だから、たとえ手術が下手な先生でも美容外科医としてとても人気のある先生はいるのです。

早いもので2月もあと数日をのこすのみです。

まだまだ寒い日もありますが、日に日にあたたかくなってきていることを感じます。

今年の学会予定ですが、9月の札幌の美容外科学会でビデオパネルでの発表の依頼があり、それを引き受けましたのでそれ以外の学会では発表しなくていいか・・・と思っています。

依頼演題は「小鼻」に関してです。

ちょうど自分の中でも、小鼻の手術に関して一度きちんとまとめたいと思っていたのでタイムリーな発表依頼でした。

小鼻手術の中でも「小鼻縮小術」は最もポピュラーな手術ですが、実際に手術をしていると簡単な手術でいい結果が得られるケースは少ないように思います。

その形、湾曲 外々の幅、厚み、位置(特に鼻柱との関係)などを考慮しながら手術方法を考えないと思わぬ結果になることもあります。

最近、私が行っている手術によれば、自分(術者)が考えている結果をほぼ100%具現化できると考えています。

したがって、術前に患者さんと打ち合わせする時にイメージの共有ができさえすれば、成功率の高い手術になっています。

そのあたりを今度の学会でも発表するつもりです。